?  砂川雄一氏講演会要旨 ?
 
『日野の図書館の流れについて』
              
                    2000年6月18日(日)
                    日野中央福祉センターにて
 
 砂川雄一氏のプロフィール
 
1932年 生まれ
1953年 文部省図書館養成所卒業
 同 年  東京農工大付属図書館
1974年 日野市立図書館長
1987年 日野市教育次長
1989年 日野市助役
1993年 退任
 現 在  法政大学講師
 
 
 
今回の条例改正の背景
 
 地方分権
 地方自治
@権限の配分
A住民の意思の反映がどれだけなされているか
B財源
 館長の有資格条項 
 
 
日本の公共図書館の推移
 
 戦前の図書館 国の統制の下の図書館 思想善導
 戦後の図書館
  1.アメリカ教育施設団の勧告
    2.図書館法の成立 1950年 公共図書館の3原則
     @無料の原則
     A公開の原則
     B公費負担の原則
  3.中小レポート 1963年 有山ッ
     @図書館の本質的な機能は資料の提供
      A中小公共図書館こそ公共図書館のすべて
      B住民サービスこそ図書館サービスの出発点
      C大図書館はバックアップ図書館
  4.日野市立図書館の誕生 1965年 
     @中小レポートで示した方向を実現させてみせた
      A建物のないの図書館設置条例を作る
      B資料費が当時の図書館の10倍
      C1台の移動図書館でスタート
      D日野市立図書館は中央館・分館から構成される
      E最低基準を下回ってはならない
      F図書館長は専門職職員
  5.『移動図書館ひまわり号』(初代館長前川恒雄著)
      @本を貸すことに徹する
      A勉強部屋ではない図書館
      Bサービス網
      C図書費の増額
      D重点的な施策
  6.『業務報告』(1965・66年)
      @資料・情報の提供
      Aなんでも貸し出す
      B自立した市民の存在
      C読め読め運動をしない
      D全域サービス
      E子どもへのサービス
     
     
現在の公共図書館の考え方・理念
 
 1.本質的な機能は資料を提供即ち貸出である
   ・利用の拡大
   ・古い体質の変容
   ・利用者自身の目的に応じて、市民の多様な考え方に応じて
   ・図書館本来がもっている多様性  
 2.市町村図書館こそ公共図書館のすべてである
   ・住民への直接的な責任を負っているのは第一線の市町村図書館
 3.すべての住民にサービスする
   ・読書をどう保障するのか
   ・施設・分館・移動図書館・中央図書館・リクエスト・障害のあ
    る人へのサービス・プライバシー等さまざまな課題
 4.図書館は建物のことではない
   ・資料提供の働きとそれを担う組織
   ・建物の限界を超えられるし、超えてサービスをしなければなら
    ない
   ・有機的なシステム
 
 
まとめ
 
 1.予算
   ・市民サービスの必要経費
 ・大幅な削減は市長からの説明が必要
   ・図書購入費を政策的経費に
   ・すべての市民の利用につながるのだから政策的経費としてとら
    えるべき
 2.将来構想
 ・現在のような困難な時期に将来を決めてしまうべきではない
 ・市民参加を得て希望ある政策を創るべき
 3.市民がスポンサー
 ・行政機関のひとつとして動いているとつぶされる
 ・市民をとりこむ
 ・次のステップにかかっている時期
 ・市民からより高いレベルのものを要求していく
   ・図書館を市民側から評価しそれを図書館につきつけ互いに議論
    し共通した認識を深めることが大切
    ・日野は先進的な役目を担ってきたがこれからは市民と手を携え
     て進んで欲しい
 
 
質疑応答
 
 1.館長の司書である利点は
   ・館長は単に施設の管理者ではなく図書館サービス全体に責任を
    負う長である
   ・将来計画、実行する組織全体のすべての責任を負う
   ・市民へのサービスをどうやったらできるかを任され、それに応
    えられる専門的な方針を出せる
   ・有資格は最低条件
 2.児童書の貸出の減少について
   学校図書室に嘱託員を置いた経緯は
   ・図書館側で議論されて進められたのではない
   ・少子化、子どもたちの生活パターンの変化等さまざまな原因が
    考えられる
   ・図書館の集めた本と子どもたちの関心のずれ
   ・選書における教育的配慮がなされた
 3.図書館法第13条3項と第4条の問題
   ・当時としては設置条例に館長の有資格条項を謳った自治体はな
    かった
    ・第13条3項の方が補助金を受けるためということで説得力が
     あった
    ・今回の日野の条例改正による全国への影響は大きい
    ・設置条例の改正に先立ち事前に措置をとらなかったことが問題
 4.専門的職員がサービスするのだから市民はそれを黙って受ければ
   よいという雰囲気が感じられる
   図書館は市民とともに歩かなければいけないのではないか、どう
   かかわったらいいのか
   ・専門職という看板が見えてしまったらそれだけで失格
    ・市民が要求するものを提供する過程で専門性が発揮されればよ
     い
    ・資料を提供することの喜び
    ・図書館に対する市民の評価
    ・勉強会などで感じ方を出しあって議論し共通認識を深めていく
 5.より多様なニーズに応えていくためには
   ベストセラーズのリクエストの対応は
   ・限られた予算の中でどう応えていくか
    ・日々蓄積される知識・経験、専門性
    ・日野の図書館全体として調整し購入する
     
 なお、砂川雄一氏講演会の録音テープをお聞きになりたい方は事務局までご連絡下さい。