? 『図書館の管理と運営 その仕事と技術
大澤正雄講演録』 ?
 
                              
 
                             
      図書館を考える会編集        
    三多摩図書館研究所発行        
    1996年7月刊行          
    絶版                  
   
 
 
 
 
 
 
 
はじめに                              7p      
                                       
1 カウンターからの発想                     9p
                                       
2 資料管理と棚作りと                     25p
 @ 開架方式が図書館を変えた                 25p
 A 利用者はどのような本を求めてくるのだろうか?       28p
                                       
3 新刊は何故遅いか                      33p
 @ 本は割引で買い、しかも整理装備付つき            34p
 A 低い図書費と購入の問題点                  37p
 B マーク・データは会社まかせ                40p
                                       
4 図書館職員について                     45p
 @ 図書館員の心構え                     46p
 A 図書館員の資質をみがく                  50p
 B 館長の役割                        67p
 C 館長の任務                        71p
                                       
5 勉学型からコミニュティー型へ                73p
 @ 人が出合える図書館                    74p
 A お互いが学び合える図書館                 75p
 B 生活情報を得られる図書館                 76p
 C 自ら学習できる図書館                   77p
 D 地域に役立つ図書館運営を                 77p
                                       
質疑応答                            82p
 
 本書は、1995年9月2日に日野市立中央図書館でおこなわれた図書館を考える勉強会第102回定例会での大澤正雄氏の講演をもとにまとめたものです。