三多摩図書館研究所

1.設立

 調布市立中央図書館の委託反対運動の一翼を担ったメンバーは、「多摩地域の図書館員の専門性形成と図書館経営・サービスの現状を点検し、新たな展望を切り開く図書館政策と実践を創造し、自己変革を」掲げ、「紀要の刊行」と「図書館政策の策定」を目標とする「三多摩図書館研究所」を1994114日に設立しました。その紀要が『図書館研究三多摩』であす。その後5年間は毎年紀要を刊行しました。

*『図書館研究三多摩』創刊号(1996)、第2号(1997)、第3号(1998)、第4号(1999)、第5号(2000

しかし、多摩地域の図書館の状況は年々悪化し、当研究所も休眠状態となり、紀要も休刊となっていました。

2.三多摩図書館研究所の再開

 有山崧生誕100周年に当たる2011年、三多摩図書館研究所のメンバーが中心となって実行委員会を結成し「有山崧生誕100周年記念集会」を20111128日に開催し、『有山崧の視点から、いま図書館を問う―有山崧生誕100周年記念集会記録―』(2012.9)を刊行しました。

この集会後、多忙な現職者の参加を重視し、各図書館を会場にその図書館に相応しいテーマを、当該図書館職員より報告してもらう学習会を、「多摩地域の図書館研究」という統一テーマで以下の通り開催しました。

 ①中川恭一「西東京市立図書館の現状と課題 図書館評価を通して考える」  
   2012.3.25

 ②坪井茂美「府中市立図書館の現状と課題 PFI方式の図書館運営について」 
 2012.6.16

しかし、現職者はほとんど集まりませんでした。

3.「連続学習会:調布市立図書館」の開催

 そこで、直営を堅持し約20年を経て、自己変革を遂げ見事な図書館運営を実現している調布市立図書館を研究対象とする連続学習会を開催しました。

①第1回 小池信彦「調布市立図書館の歩みとこれから」2012.9.29

 ②第2回 座間直壯「委託問題の背景とその後の図書館運営」2013.1.19

 ③第3回 五十嵐花織「レファレンスサービスの現状と課題」2013.7.7

④第4回 返田玲子「調布市立図書館のハンディキャップサービス」2013.11.17

⑤第5回 山口真理子・木住野正子「調布市立図書館の職員体制」2014.5.22

⑥第6回 黒沢克朗「調布市立図書館の児童サービス」2014.9.11

以上の内容を、調布市立図書館の特集号として、『図書館研究三多摩』第6    2014)(①②③収載)、第7号(2015)(④⑤⑥収載)を刊行しました。

4.昨年(2015年)

※図書館サービスの担い手である、職員の方々から話を聞く機会を持ちました。

①日野図書館の中堅職員の方々に、日野市立図書館の職員問題、について

 2015.6.20

②町田図書館の嘱託員の方々に、嘱託員制度の問題、について2015.9.26

5.2016

※図書館の発展には、市民の方々による図書館づくり運動がどうしても欠かせません。そこで、町田市と多摩市の図書館づくり運動の中心を担ってこられた方から話を聞く機会を持った。

①増山正子(町田の図書館活動をすすめる会)「市民活動と町田市立図書館との関わり」2016.5.1

②青木洋子(多摩市に中央図書館をつくる会代表)「市立図書館の再構築を目指して―多摩市の公共施設の見直し方針に抗して―」2016.10.2(その後、中央図書館づくりと地域図書館の再編問題の課題について、多摩市民の方々と話し合い)

◆進藤 兵(都留文科大学教授)「安倍政権が考える地域・自治体政策」2016.11.20