三多摩図書館研究所活動日誌

 

2016年

 

 

 

 

6月5日(日)

例会

参加者:7名

・次回の学習会について

5月1日(日)

学習会 町田市民フォーラム

参加者:

・「増山正子さんのお話を聴く会」

3月27日(日)  

例会

参加者:5名

・次回学習会について

 2月28日(日)   

例会

参加者:6名

・次回学習会について

・『図書館研究三多摩』第8号について

2015年

12月20日(日)

例会

参加者:6名

・『図書館研究三多摩』第8号について

 10月18日(日)  

例会 

 参加者:6名

 ・『図書館研究三多摩』第8号について

 9月26日(土) 

 学習会 町田市立中央図書館

 参加者:9名(労組3名、研究所6名)

 ・町田市職員労働組合へのインタビュー

 7月26日(日) 

日野市立図書館職員からのインタビュー

 参加者:15名(図書館6名、研究所9名)

 6月20日(土)   

例会 

 参加者:7名

 ・日野市立図書館職員からのレポートについて

 ・『図書館研究三多摩』第8号について

 5月31日(日)  

例会 

 参加者:6名

 ・今後の取り組みについて

 4月 7日(火)

 『図書館研究三多摩』第7号納 

 4月 5日(日)    

例会 

 参加者:7名

・『図書館研究三多摩』第7号について

・出版記念会について

 ・今後の取り組みについて

 3月 8日(土)   

例会 

 参加者:8名

 ・『図書館研究三多摩』第7号の原稿について

 ・今後の取り組みについて

 2月 1日(日)  

例会 

 参加者:8名

 ・『図書館研究三多摩』第7号の原稿について

 ・今後の取り組みについて

2014年 

 12月13日(土)  

 例会

 参加者:7名

 ・今後の取り組みについて

11月29日(土)

学習会 

参加者:12名

・嵩原安一さんのお話を聞く会

10月18日(土)

例会

参加者:5名

・嵩原さんのお話を聞く会について

・図書館大会について

・『図書館研究三多摩』7号について

9月11日(木)

学習会 調布市文化会館たづくり9階研修室

参加者:27名

・「調布市立図書館の児童サービス」講師:黒沢克朗氏

6月22日(日)

例会

参加者:8名

・『図書館研究三多摩』第7号について

・図書館大会について

6月17日(火)

図書館大会についてのNPO多摩デポとの打ち合わせ(2名参加)

5月22日(木)

学習会 調布市文化会館たづくり601・602会議室

参加者:23名

・「調布市立図書館の職員問題」 講師:山口真理子さん 木住野正子さん

4月20日(日)

「図書館を語る会 −『図書館研究三多摩』6号刊行−」 東京学芸大学

参加者:

3月31日(月)

『図書館研究三多摩』第6号納品

3月16日(日)

例会

参加者:6名

・『図書館研究三多摩』第6号刊行報告会について

・調布の学習会について(職員問題)

2月2日(日)

例会

参加者:

・『図書館研究三多摩』第6号について

2013年

12月8日(日)

例会

参加者:7名

・『図書館研究三多摩』第6号について

11月17日(日)

学習会 調布市文化会館たづくり6階 601・602会議室 

参加者:

・「調布市立図書館のハンディキャップサービス」 講師:反田玲子氏

8月11日(日)

例会

参加者:5名

・今後の学習会の内容について

・『図書館研究三多摩』第6号について

7月7日(日)

学習会 調布市文化会館たづくり10階 1002会議室 

参加者:

・「調布市立図書館のレファレンスサービスの現状と課題」 講師:五十嵐花織調査支援係長

6月9日(日)

例会

参加者:9名

・次回学習会(調布のレファレンス)について

4月28日(日)

例会

参加者:8名

・次回の学習会の内容について(調布のレファレンス)

3月10日(日)

例会

参加者:7名

・今後の学習会の内容について

1月19日(土)

学習会 市民の学習・活動・交流センター シビル

参加者:20名

・調布市立図書館「委託問題の背景とその後の図書館経営」 講師:座間直壯元調布市立図書館長

2012年

12月16日(日)

学習会 実践女子短大

参加者:15名

・元日野市立図書館長砂川雄一氏講演会

10月28日(日)

例会

参加者:4名

・砂川雄一氏を迎えての学習会について

・座間直壯さんを迎えての学習会について

9月29日(土)

学習会 調布市民プラザあくろす

参加者:15名

・調布市立図書館「調布市立図書館のあゆみとこれから」 講師:小池信彦館長

9月2日(日)

例会

出席者:9名

・有山ッ生誕100周年記念集会記録集について

・砂川雄一氏を迎えての学習会について

・調布市立図書館長小池氏を迎えての学習会について

7月15日(日)

例会

出席者:7名

・有山ッ生誕100周年記念集会記録集について

・府中の学習会の反省と分析

6月16日(土)

学習会 府中市立中央図書館

参加者: 名

・府中市立図書館の現状と課題―PFI方式の図書館運営について 講師:坪井副館長

5月27日(日)

例会

参加者:

・有山ッ生誕100周年記念集会記録集について

・府中の学習会について

・今後の取り組みについて

4月22日(日)

例会

出席者:7名

・有山ッ生誕100周年記念集会記録集について

・府中の学習会について

3月25日(日)

学習会 西東京市田無公民館

参加者:8名

・西東京市図書館の現状と課題 講師:中川恭一氏

2月26日(日)

例会

出席者:8名

・有山ッ生誕100周年記念集会記録集について(テープ起こし終了→編集)

・次回の学習会について

1月29日(日)

例会

出席者:8名

・有山ッ生誕100周年記念集会記録集について

・今後の取り組みについて

2011年

12月11日(日)

例会

出席者:7名

・有山ッ生誕100周年記念集会反省会

・有山ッ生誕100周年記念集会記録集について

11月28日(月)

・有山ッ生誕100周年記念集会 実践女子大香雪記念館大教室

参加者:220名

11月13日(日)

例会

出席者:8名

・有山ッ生誕100周年記念集会について

9月11日(日)

例会

出席者: 名

・有山ッ生誕100周年記念集会について

7月23日(土)

例会

出席者:6名

・情報交換

・有山ッ生誕100周年記念集会について

4月17日(日) 

例会

出席者:6名

・情報交換

・有山ッ生誕100周年記念集会について

2010年

12月18日(土)

例会

出席者:4名

・情報交換

717日(土)

例会

出席者:6名

・規約について

・情報交換

・有山ッ生誕100周年記念集会について

活         動         休         止

2004年

7月17日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:

・情報交換

5月15日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:6名

・各自の近況報告

・多摩地域の図書館

2003年

9月20日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:7名

・PFIについて

・多摩むすびプロジェクト報告、サービス研究会プロジェクト報告について

719日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:8名

・PFIについて

5月31日()

例会 日野市立中央図書館

出席者:5名

・情勢分析

3月22日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:6名

・情勢分析

・『図書館界』<塩見昇「これからの図書館と図書館研究」を読んで−山口源治郎>をもとに話し合い

1月25日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:7名

・情勢分析

・公立図書館における委託の問題について 

2002年

11月30日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:10名

・情勢分析

・今後の活動について

10月6日(土)

例会 日野市立中央図書館 

出席者:4名

・都立図書館組織編成問題について

9月3日(月)

学習会 学芸大学

出席者:6名

・『図書館研究三多摩』第6号編集作業

・その他

7月14日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:5名

・『図書館研究三多摩』第6号について 

6月23日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:9名

・『有山ッ その思想に学び、これからの図書館を考える』合評会

5月26日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:11名

・『共同と自治の図書館』合評会

4月22日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:7名

・『図書館研究三多摩』第6号について

・政策構想について

・情勢分析

3月17日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:6名

・政策構想について

2月3日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:7名

・政策構想について 

2000年

12月9日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:8名

・政策構想について

11月21日(火)

『図書館研究三多摩』第5号納品

10月28日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:10名

・政策構想について

9月2日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:8名

・『図書館研究三多摩』第5号の各自原稿について

7月29日(土)

学習会 学芸大学社会学研究室

出席者:8名

・『図書館研究三多摩』第5号の各自原稿について

・政策構想について

6月3日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:9名

・職員意識調査報告書(自治調査会提出)の概略について

・『図書館研究三多摩』第5号刊行に向けて

・政策構想について

・7月の一日学習会について

4月28日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:3名

・情勢分析

3月25日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:7名

・職員意識調査について

・『図書館研究三多摩』第5号刊行に向けて(構想)

・政策構想について 

2月19日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:5名

・職員意識調査について

・情勢分析

・『図書館研究三多摩』第5号刊行に向けて(構想) 

2月5日(土)

講演会「公務員制度の改革動向と図書館」(早川征一郎法政大学大原社会問題研究所所) 図書館考える勉強会と三多摩図書館研究所共催 立川市中央公民館

1月15日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:9名

・図書館を考える会との共催で開催する講演会について

・職員意識調査について

・情勢分析

・ホームページ開設について

1999年

12月11日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:8名

・ホームページ開設について 

・職員意識調査について

・情勢分析

11月13日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:8名

・職員意識調査について

・情勢学習会について

・情勢分析

10月23日(土)

例会 日野市立中央図書館

出席者:9名

・職員意識調査について

・図書館政策の構築に向けて

・情勢学習会について

・情勢分析

8月21日(土)

例会 日野市立中央図書館

参加者:6名

・有山ッ没後30周年記念集会記録集の刊行について  

・職員意識調査について

・『図書館研究三多摩』第4号刊行について

・三多摩図書館研究所の運営について

・情勢分析

7月17日(土)

例会 日野市立中央図書館

参加者:

・組織の運営技術、方法について

・森下さんの送別会について  

・職員意識調査について

・有山ッ没後30周年記念集会記録集の刊行について

・情勢分析

6月12日(土)

例会 日野市立中央図書館

参加者:7名

・職員意識調査について

・有山ッ没後30周年記念集会の反省

・情勢分析

1998年

5月16日(土)

例会(『図書館研究三多摩』第3号報告) 日野市立中央図書館

参加者:11名

@東村山市における図書館システムの形成(岩田雅洋) A司書職制度をさぐる(2)(大澤正雄) BローカルFMを利用した公立図書館のPRと利用援助(川田芳司) C実践的レファレンス研修の実際(斎藤文男) D広げよう!多摩の障害者サービス(中山玲子) E図書館条例・規則の研究(2)(戸室幸治・山口源治郎) F三多摩公立図書館関係文献リスト(白水義史)

3月18日(水)

学習会 国分寺市立いずみホール

参加者:11名

アメリカ図書館学校プラット・インスティチュートにおける「図書館経営」の授業(竹内ひとみ)

2月21日(土)

運営委員会

出席者:7名

『図書館研究三多摩』の掲載稿

 ・多摩市立の川田さん−多摩ニュータウンのFM放送で図書館PRの報告

 ・斎藤−実践的レファレンス研修の実際

 ・岩田−分館発展の条件を考える

 ・山口・戸室−教育機関の管理規則

 ・大澤−司書または棚作り

 ・森下・千田−浦安・鶴ヶ島の運営調査

 ・鬼倉−生涯学習意識調査

1月14日(水)

学習例会 立川市中央図書館

参加者:15名

『図書館研究三多摩』を読む 発言者 松岡要・舩崎尚

1月14日(水)

運営委員会 日野市立中央図書館

出席者:12名

「図書館研究三多摩」第3号、原稿締切 5月10日

・白水−多摩の図書館関係雑誌記事の書誌 90年〜97年

・山口・広井・戸室−図書館条例・規則(2)

・斎藤−レファレンス

・森下−職員の活性化の考え方と方法論−日野・浦安・鶴ヶ島

・砂川 舩崎 嵩原(館長論) 島(児童奉仕) 中山玲子(障害者)

報告「図書館法改正論とその論点」 山口

 近代公共図書館の諸原則が問われている。近代公教育制度の枠組みの成立は19世紀中頃であるが、1970年代から変わってきている。図書館も歴史の中で捉える必要がある。とりあえず戦後の公共図書館の枠組みが問われている。単純に逆行とはいえない。図書館協議会委員の構成は、現在の分厚い利用者を代表しているのか。議論があるのはチャンスともいえる。

 80年代から図書館法の外に図書館行政をおこなうという指向があらわれた。有資格館長の減少は地方分権委の主張の根拠になっている。中央での規制がはずれると条例がどうなっているかが攻防の焦点になる。自治体の自主決定、地域での図書館員・住民の働きが問われている。

 図書館は個人に対するサービスであることを利用に図書館の社会的な意味を否定する意見がある。(図書館は私的利益に奉仕している。本は個人で買うべき)

1997年

11月29日(土)

運営委員会

・前川さんから図書館法の理論的側面を確認しておく重要性を指摘する手紙があった。前川さんの講演だけではなく、研究所の課題のひとつとして取り組む。

 @図書館法をめぐる経過と課題 A図書館法の本質 Bこれからの図書館法について盛り込むべきこと。

・1/14運営委員会と山口さんの報告「図書館法改正論とその論点」 1/24立川市中央図書館で集会「『図書館研究三多摩』を読む」をおこなう。発言者、舩崎、松岡。

・「図書館研究三多摩」を多摩の各図書館に寄贈した。

9月27日(土)

『図書館研究三多摩』第2号納入

9月2日(火)

運営委員会

出席者:6名

「三多摩図書館研究所の研究活動とその課題(メモ)」 山口

・具体的なテーマで政策提言を

・地方自治への図書館の働き

・具体的な専門性

・職員制度論−職務と職階、専門性としての位置づけ

8月2日(土)

出席者:6名

・2号原稿入稿−大澤・加藤・堀口・砂川

・未入稿−森下・山口・斎藤・松尾・鬼倉

次回は、研究所活動のあり方について考える

7月14日(月)

第4回例会(『図書館研究三多摩』第2号報告) 日野市立中央図書館

参加者14名

@戦後の専門職制への試み(大澤正雄) A図書館組織運営について(鬼倉正敏) B今、図書館が面白い(加藤裕史) C立川市中央図書館における外国語資料の収集(堀口佳代子) D図書館条例・規則の研究−多摩地域を中心に(山口源治郎)

6月14日(土)

運営委員会

出席者:7名

・大澤−東京の司書制度の歴史

・戸室−「地方分権と図書館」をまとめて

・松尾−「探しています」の電子化

5月10日(土)

運営委員会

出席者:8名

4月5日(土)

運営委員会

・東京の図書館員が専門職制について何をしてきたのか。

・70年プロジェクトが実現しなかったのはなぜか。

・日本の公務員、雇用制度の中で成立するのか−横断的な異動の可能性が前提

・児童、レファレンス以外では、専門性の細分化が議論されない

3月1日(土)

運営委員会

大澤−専門職(制)、職務内容、研修、職階制とグレード制

鬼倉−アンケートの回収済み

2月1日(土)

運営委員会

出席者:11名

・小北さんの送別会(3/15)

・立川のリストラ、町田のBDについて報告

・斎藤−アンケート発送。森下−BM調査。大澤−図書館友の会。山口−行事。守谷−町田市立中央図書館の利用調査(利用調査が目的を達成しているのか) 鬼倉−アンケート発送。小北−分館

1996年

12月21日(土)

運営委員会

出席者:9名

・「図書館研究」第2号の進行、予定について

 斎藤−質問、依頼状ができており、1月には配布。千田−各自治体ごとの生涯学習政策。白水−職員問題。森下−BM。大澤−図書館協議会。小北−分館論。鬼倉−調査票を1月配布。

・司書のグレード制  

 職員が持っている力を仕事の中で伸ばす、職員のリーダーシップの養成主題の専門的知識、仕事の中で役割と責任の明確化

11月24日〜25日(月)

宿泊学習会 函嶺荘

出席者:11名

・日図研図書館調査(図書館経営の現状と課題)の報告

・多摩地域の図書館と行財政改革(中間報告) 山口

・グレード制についての議論

10月5日(土)

運営委員会

出席者:7名

・宿泊学習会のゲストは、日図研図書館調査委員会のメンバー

・レファレンス調査(斎藤)−調査票作成済み、館長協議会に協力依頼をしている。依頼状に押印する印、封筒などがひつよう。

8月31日(土)

運営委員会

出席者:11名

・グレード制→応用問題(業務、地位、館種、地方公務員の職制などの違い)

・調査案レファレンス(斎藤)、運営組織(鬼倉)

8月3日(土)

運営委員会

出席者:7名

@宿泊学習会

・調査、その他のテーマで講師を招いての学習会

・11/24〜25日(1泊)研究所会計からの費用一部補助

A「図書館職員のグレード制」について日図研からの原稿依頼

・次回、大澤さんからの説明を受ける

B出版物の販売とPR

・図問研大会(「研究」120部 「管理と運営」132部を販売)

・菅原峻、馬場俊明、柴田正美、塩見昇、伊藤昭二、山本昭和各氏に送付して紹介依頼「図書館界」「図書館雑誌」「みんなの図書館」など

C調査

・当初、先行の調査を下敷きにした図書館調査をおこなうことを考えた。三多摩の課題と調査を通じて何を明らかにするのかという議論が必要。各自のテーマや問題意識による企画案を出す。次回はその企画案による議論。

・斎藤−レファレンス、森下−職員、鬼倉−受入・館内の意思決定 山口−スタッフマニュアル、白水−職務分析

「図書館研究三多摩」にISSN1342−3886の割り当て通知

第3回例会 調布市文化会館たづくり

参加者:17名

6月29日(土)

「多摩地区図書館の動向と今日的課題」 座間直壮・戸室幸治

5月25日(土)

運営委員会

出席者:10名

・町田の紛失資料についての報告

・今後の活動 86年、88年調査を下敷きにして多摩の図書館調査を行う 

 6月29日 前回調査についての勉強会

5月10日(金)

報告書の発行について

・A5判二段組 1ページあたり1000字 部数1000部

・日図協に委託販売

・創刊の辞 大澤 500〜600字

・誌名 図書館研究−三多摩

・表紙 論文名とポイントになるイラスト

・掲載者 山口・松尾・斎藤 職員レポート(吉田・中野を含)大澤・研究所紹介・日誌

・研究所紹介・日誌

4月20日(土)

例会 日野市立中央図書館 

参加者:26名

@杉並区立図書館に勤務して(中野中)A町田市立図書館における職員制度の検討(守谷信二)B参考図書の選書(斎藤文男)

3月30日(土)

運営委員会

出席者:5名

・4月20日例会について

 @職員問題、杉並・中野、東大和・吉田さんなどから本庁との異動についての報告、町田から「組織検討委員会」報告。

 A参考図書の選択・解題書誌の調査報告、斎藤。

2月24日(土)

運営委員会

・斎藤−3月中にアンケート調査

・大澤−3月中にまとめる

・松尾−4月中にまとめる

・小北−過去10年分の統計、三多摩での分館論

1月27日(土)

運営委員会

出席者:大澤・千田・鬼倉・小北・戸室・山口・吉岡・山口(真)・斎藤・守谷・森下

1995年

12月18日(月)

第1回例会 午後2時〜 日野市立中央図書館

参加者:36名

@図書館長論(大澤正雄) A分館論(小北晶男) B参考図書解題書誌の比較と問題点−三多摩の現場の視点から−(斎藤文男) C杉並、平塚における図書館職員任用制度の試み(職員研究会) D自治体における図書館行政の位置づけ(千田幹雄) E職員集団論(戸室幸治) F昭島市民図書館のスピードリクエストサービスの試み(松尾昇治) G図書館財政論(山口源治郎)

12月2日(土)

運営委員会

出席者:9名

・18日むけての経過、準備の報告

10月28日(土)

運営委員会

9月30日(土)

運営委員会

出席者:8名

・戸室 多摩地域の政策の追求を行う/毎月の会合を意味あるものに/雑誌を軸に活動/来年調査をして考える

8月26日(土)

運営委員会

出席者:7名

7月29日(土)

運営委員会 日野市立中央図書館

出席者:9名

・小池 図書館のマネージメントをしているという立場、専門家集団ではない、行政は図書館をどうしていいかわからない時代、図書館で働いている人もわかっていない。自分たちが専門家になるという気持ちを持っていない。彼らが望んでいないことをしようとしているのか。専門職と呼ばれている人たちが勉強していない。

 理想の図書館の礎になる。

6月24日(土)

運営委員会

出席者:9名

・実践的課題として取り組む

・住民自治の実現を目指す(自治体研究所)、住民自治に根ざした図書館運営のあり方

・職場のことにこだわりながら活動をしていく

・職場でリーダーシップをとるための指針

・図書館員にとって痛いところを書く

・活動に対して批判してもらう

・若い人に活動してもらう

3月22日(水)

図書館政策の柱だてを考えるミーティング

・貸出を伸ばそう

・元気な所は交流している

・人員は本当に多いのか

・貸出を伸ばすための方法

・利用者が何を求めているのか

・職員の意識−何を考えているのか

・図書館はどう考え、何をしているのかPRが弱い

・施設計画

・自治体間の人事異動

・選書、蔵書構成

・コンピュータによって労働関係が変わってきているのか

・非正規職員

・行政の長期計画の中でどのように位置づけられているか

・図書館計画

3月7日(水)

規約のうち総則だけをもとにして活動をする。組織については今後の課題。

所長:大澤、事務局長:森下 事務局:斎藤・鬼倉・松尾・小北・戸室

企画会議

・雑誌関係−松尾・斎藤・小北

・事務局体制−斎藤・森下・鬼倉

・政策−鬼倉・戸室・山口

1月26日(水)

設立準備の会 立川市中央公民館

出席者:斎藤・戸室・小北・森下・鈴木・阿部

・規約の検討、活動内容

1月19日(木)

出席者:斎藤・松尾・鬼倉・山口・戸室・森下・千田・小北・吉尾・守谷・小池・中川

1994年

12月1日(木)

「三多摩の図書館を多いに語る」忘年会 立川リーセントパークホテル

11月4日(金)

・「委託を考える」実行委員会の今後

・「中小レポート」「市民の図書館」の批判的に継承

・多摩の図書館政策を考える団体−研究所、趣意書、規約

・学習・研究部会、雑誌編集委員会、組織、三多摩図書館研究所

10月5日(水)

実行委員会

・メディアを作る、政策をまとめることを目標に運動をする

9月2日(金)

実行委員会

7月1日(金)

「公立図書館の現在と未来を問う−シンポジウム・連続学習会の記録」発行

2月26日(土)

学習会「教育自治と図書館」 山崎眞秀

1月7日(金)

学習会「図書館の働きと委託」 前川恒雄

1993年

12月4日(土)

シンポジウム「図書館の現在と未来を問う」 久保輝巳、三橋良士明、堀部政男

 

 

TOP

HOME